voice

クライアント様からのPPFへの感想・メッセージを掲載しています。ぜひご参考にされてください。

クライアントの声1
何となく感じていたことをタイプに分けて理解することで、腑に落とすことが出来てすっきりしましました。自分なりにコミュニケーションを図っているなかで、何となく距離が縮まらない人が何でそうだったのかが分かったので、教えてもらったことを実践してみたいと思います。
クライアントの声2
良かれと思ってやっていたことが相手には苦痛に感じることもあることを知って最初は驚いたけれど、講座を受けている間に理由が分かり納得出来ました。
クライアントの声3
目標をクリア出来なさそうな部下に対して、期日を変えてあげることが優しさだと思っていましたが、違うことを知って部下のモチベーションが下がった理由が理解出来ました。人に合わせた目標設定と遂行を心掛けようと思います。
クライアントの声4
PPFを知らないで子育てをしていたら、子どもにとってつらいことをしていたかと考えると怖くなりました。子どもが小さいうちに受講して本当に良かったです。
クライアントの声5
信頼している人から誘われて参加しました。最初生年月日で分類すると聞いて占いなんじゃないかと思って少しバカにしていましたが、先生の3万人の統計を取った統計学だと聞いてそういうものではないと思いました。
また、質問に対する的確なアドバイスを聞いてバカにしていたことを反省しました。これから積極的に活用して人間関係を良くしていこうと思います。
クライアントの声6
合わないのではなくて違うだけという先生の話に深く納得させられました。私は人に対して厳しくジャッジをするタイプだということも理解出来て、そうじゃないアプローチをする必要もあることが分かり、今までの人間関係を見直してみようと思います。
クライアントの声7
お客様に対する関わり方が丁寧なだけではダメだということが分かった。人によっては親しみを感じたい人や丁寧な言葉使いより求めている結果を速やかに欲している人もいるということも理解出来た。今後の接客に是非活用したいと思う。
クライアントの声8
私は子どもに関わる仕事をしているのですが、理解出来ない子どもへの対応が分かった気がします。良いヒントを頂いたので、早速実践してみます。
クライアントの声9
親に対してわだかまりがあったのですが、親と私のタイプが違うことから生まれた感情だということが理解出来ました。親の気持ちが少し理解出来たような気がするので、優しく関わってみようと思います。
クライアントの声10
話が長い人にイライラしていましたが、人によって大切に感じることが違うことが理解出来たので、イライラしないでそういう人の話を聞いてみようと思っています。